フランスの物語自販機は、無料で待ち時間のイライラ解消に

世の中には色々な自動販売機があります。寄付型自販機もその一つだと思いますが、飲み物だけでなく、たばこやお酒、アイス、乾電池など実に様々です。

今回はTwitterで見つけたこちらの、物語自販機を紹介します。

フランスの物語自動販売機

左側の写真には、1,3,5と書かれたボタンが下部にあります。1分、3分、5分ですね。それに合わせた物語が右側の写真のように出て来るようです。面白いですね。まるでおみくじみたいですね。

利用は無料。作品は寄稿されたもの。

フランスの街角には無料の「物語の自販機」が置いてあるによれば、作品はインターネット上で寄稿され、選ばれるようです。出版されたり、ポッドキャストなどの音声で朗読?でしょうか、もちろん自販機にも印刷されて入れられるということのようです。

作っている会社は「short édition」というフランスの企業のようです。ショートエディションと読んで問題ないか分かりませんが、非常に面白いですね。

寄付と組み合わせると・・・

調べていて思ったのですが、無料で成立するのは認知度アップということで、街角で物語を読む、会社を知ってもらうなどが狙いだと思います。本家サイトをGoogle翻訳して雰囲気理解で申し訳ないですが。

フランスを中心に、アメリカ、アフリカ、オーストラリア、アジアにもあるようで、香港の大学にも一台でしょうかあるようです。香港行く機会があれば見てみたいですね。

さて寄付型自販機は寄付が出来るだけは面白くないので、例えばこういったショートストーリーが寄付するともらえるのは大変面白そうです。

寄付先または寄付という行為に応じてリターンが出ることに対して色々な意見はあるものの、インターネット上のコミュニティを使いそれらの一部やショートストーリーがあれば、また続きを読みたくなって寄付したくなるかもしれません。

大学や教育機関、図書館などの設置も面白いですね。飲料自販機にどう入れるか?はプラスチックケース(缶やペットボトル型)に入れて紙を入れるくらいしかアイデアはないですが、出来ると楽しそうですね。

Follow me!

寄付型自販機活用事例集

寄付型自販機は自販機に寄付ボタンがついた「気軽に社会貢献」が出来る自販機です。

寄付型自販機を設置したいオーナー様など、所有空きスペースで収益+社会貢献を実現してみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする