メンバー

寄付型自販機推進機構を運営するメンバーの紹介です。会社員、フリーランス、経営者、税理士など幅広いメンバーで構成されています。

メンバー

理事長 大橋 弘宜

 
プランナーとして世の中にあったら面白くなるという企画を様々な形で実現しています。当NPOでは、アイデアや企画があふれる場で動けることに感謝しています。

副理事長 手嶋 慎介

愛知東邦大学准教授。伸びしろのある学生を発掘し、共に学び、学生を世の中へ売り込むことに熱中しています。学生の成長支援と寄付型自販機の推進を両立させたい思っています。

理事 浅賀 和也

大学在学中に自動販売機の魅力にはまり卒業を目前にして中退。「世の中に自分の発想がどこまで通じるか問うてみたい」の一心で起業し自販機を使ったアイデアの実現に奔走。震災を機に自販機を通じた地域貢献企画に取り組み、営利企業での実施に限界を感じNPOに参加。

朝日ビバレッジ

監事 金子 尚弘

名古屋の税理士法人に勤務。会計の知識を本業以外でも役立てられたらと思い監事として関わっています。どこにでもある自販機が「物を売る」という以外の形で世に広まることを願って活動しています。

池田 修之

日本には250万台もの飲料自販機が設置されているのをご存知でしょうか、その自販機に他の機能を付加させたり、福利厚生に役立てたりは出来ないのだろうか?当NPOでは、未来型自販機の開発に取り組みます。

山崎 真司

心理学のさいころという名前で、心理系大学院の予備校の経営、さいころニュースという心理学ニュースのウェブサイト、心理学に関する記事の寄稿などをしています。

さいころニュース

武藤 悠貴

三重県桑名市出身、名古屋市在住のウェブ系フリーランス。個人事業「Sixten.3」にてウェブサイトの制作やカスタマイズ、運用支援、WordPressの講座、文章執筆を行う他、タスクール管理人を務めたり、起業家向けの世界的なイベントであるStartup Weekend NAGOYAのオーガナイザを務めたりしている。

寄付型自販機活用事例集

寄付型自販機は自販機に寄付ボタンがついた「気軽に社会貢献」が出来る自販機です。

寄付型自販機を設置したいオーナー様など、所有空きスペースで収益+社会貢献を実現してみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする